藤谷美貴雄写真展
One Day 2005
次へ

New Yorkでの個展は一つの通過点であるとは思いますが、その経緯を書いてみます。

始まりは個展「愛する人のための三つの病について、あるいは意味の不在と無意味の存在について」です。これは本格的な最初の個展であってかなり気合いが入っていて、自分ではやりたいことができたと思っています。そんなこともあって、「これだけのものはぜひともNYでやるべきだ」という話が出て来た時は、すっかりその気になりました。

では具体的にすすめるにはどうするのか。   続きを見る。



HOME/満たされた空間の意味について/横浜非伝統スカーフつまり0からの出発/写真によるスカーフデザイン展/愛する人のための三つの病についてあるいは意味の不在と無意味の存在について
未来からの手紙と贈物についての五つの思い出あるいは 静寂のための青い四つのかけらについて
/One Day 2005/曼陀羅2006/渦巻2007
絵本「ふじみきとうずまき」/NOTHING2008/RAMEN2009/RETROSPECTIVE2009/絵本「ミキちゃんベイビー」/MIKIFISHCHANHANGYOJINBABY 2011/CG2011
/最後の晩餐/絵本「目と舌の憂鬱」/RHAPSODY2012/CG2012/絵本「ミキフィッシュちゃん半魚人ベイビー」/ベロベロ人/絵本「メメーとベロベロン」/東京展プロジェクト in KANAGAWA 2012
MIKKIOU2013/CG2013/自画像/絵本「幸せは意味の不在」/MIKKIOUMIKKIOU2014/自画像2/CG2014/自画像とそうでないもの/絵本「今は誰もいない」/JUNKO2015/CG2015/JAALA展 2015-Kawasaki
/最後の晩餐2/絵本「僕の鼻毛の三割は白髪だ。」
/自画像/SELF2016/CG2016/過ぎた日/絵本「ヘロヘロが飛んでるよ。」/JAALA2017/時の流れ商会2017/着ぐるみのマスクを脱いでポーズをとる自画像
絵本「赤と黒の時間」