絵本「石像である私のようなもの」

絵本「青の日々」から1年、結果として「青の日々」は面白くなかった。なんか無理をした感じがして、楽しくなかった気がする。だからと言って今回の「石像である私のようなもの」が楽しかったかと言うとそうでもない。中々うまくはいかないものだ。人生難しい。

絵本「石像である私のようなもの」について (本文の羅列)

これは鼻毛だ。鳥の足に見えるが枝分かれした鼻毛だ。黄色いレモン酒のような海にラベンダーのワインの空だ。そしてピースだが疲れている。 冷静で静かな酒盛りは時を止め何事も起こらない。この顔がいけない。時を止めてしまった。 懐かしのラーメン。「それは終わったんだ」と言って振り返り去って行こうとするも顔に書いてあるからダメよと。 これは言葉で表すものではない。温泉だからだ。 これもそうだ。酒宴だし、難しい話もないし、語る事はない。 これも取り立て語る事はない。 これもそうだ。このままでは語る事もなく終わりそうだ。元々語る事などないのだから自然だ。 これなどは正にそれの典型だ。これについて何を語ると言うのだ。 これは魚だ。だからと言って、何かを語って何だと言うのだ。ふざけるな。 うむ、強いて言えばここには何かがある。それだけの事だ。 ついに終わりが来た。と言っても人生の終わりではなくこの絵本のだ。大げさに言えば苦難の歴史であった。これも絵本の話だが。さて酒でも飲んで寝るか。

第45回東京展・絵本の部に出品。2019年10月8日(火)〜10月14日(月) 東京都美術館にて開催(写真の部)
imiimi
imi imiimi
imiimi imi
imiimi
HOME/満たされた空間の意味について/横浜非伝統スカーフつまり0からの出発/写真によるスカーフデザイン展/愛する人のための三つの病についてあるいは意味の不在と無意味の存在について
未来からの手紙と贈物についての五つの思い出あるいは 静寂のための青い四つのかけらについて/One Day 2005/曼陀羅2006/渦巻2007
絵本「ふじみきとうずまき」/NOTHING2008/RAMEN2009/RETROSPECTIVE2009/絵本「ミキちゃんベイビー」/MIKIFISHCHANHANGYOJINBABY 2011/CG2011
/最後の晩餐/絵本「目と舌の憂鬱」/RHAPSODY2012/CG2012/絵本「ミキフィッシュちゃん半魚人ベイビー」/ベロベロ人/絵本「メメーとベロベロン」/東京展プロジェクト in KANAGAWA 2012
MIKKIOU2013//CG2013/自画像/絵本「幸せは意味の不在」/MIKKIOUMIKKIOU2014/自画像2/CG2014/自画像とそうでないもの/絵本「今は誰もいない」/JUNKO2015/CG2015/JAALA展 2015-Kawasaki
/最後の晩餐2/絵本「僕の鼻毛の三割は白髪だ。」/自画像/SELF2016/CG2016/過ぎた日/絵本「ヘロヘロが飛んでるよ。」/JAALA2017/時の流れ商会2017/CG2017/着ぐるみのマスクを脱いでポーズをとる自画像
絵本「赤と黒の時間」 /STOP2018/CG2018/デジタル版画展2018/JAALA2018/ASHIGARI2018
/自画像/絵本「青の日々」/SLOWLY2019/デジタル版画展2019/石像である私のようなもの/絵本「石像である私のようなもの」