絵本「飲もうぜベイビー」

絵本「石像である私のようなもの」から2年、「石像である私のようなもの」が楽しかったかと言うとそうでもない。中々うまくはいかないものだ。そんなものだぜベイビー。2年もたつと全てがベイビーだぜ。


絵本「飲もうぜベイビー」について (本文の羅列)

ビールで始まり、ワインになり、日本酒で終わりそうになるが、またビールへ戻る。満月は天空にあって、夜はアルコールで満たされていく。さあ、どうする。さて、さて、さて、さて。青い私は飲むと豹変してしまう時がある。例えばこれがそうだ。怪獣というにしては怖くない。どちらかといえば可愛いから側にいてもOKよ。ほほ笑むはごま団子と餃子。紹興酒をみんなで飲むパーティ。このご時世。コロナに強いものが残る。命がけだぜベイビー。光る午後の海で唇だけになって踊ろうぜベイビー。飲んで騒ぐ。飲んで騒ぐ。酒があればすむことだ。ミッキオウ特製のアロハを着て南の海で馬鹿騒ぎをやろうではないか。「命短し恋せよ乙女」恋する時期は短いという。後の人生はなんなんだ。酒を飲もうではないか。早く帰って飲もうぜ。そこのコンビニでビールでも買って飲もうぜベイビー。えー。それはいくら何でもまずいぜベイビー。寒い夜は日本酒が飲みたくなる。米の酒だ。熱燗を飲む。ひたすら飲んで寝てしまう。犬だからといって舐めてはいけない。酒を飲んで騒ぐ。ワンワン、キャンキャン。大変なものだ。でも。今日は静かに飲もうぜベイビー。青ざめていても飲む。とにかく飲む。とはいえ。言うは易しだ。そんなに飲むと翌日が大変。一転して精神の地獄だ。自己嫌悪というか何というか。この状態を思うに、老化で脳の働きがダメになり、世の中の良き事が全てどこかへ行ってしまうのだ。それでも飲むのだ。さて。今日も元気に飲む。馬鹿みたいに飲む。終わりの日まで飲む。ウダウダ言わずに飲む。さあ。今日は終わりの日だ。死は楽ではない。それが過ぎれば永眠だぜベイビー。帰ってきたぜベイビー。ミッキオウはしぶとい。今日も飲む。

第47回東京展・絵本の部に出品。2021年10月7日(木)〜10月14日(木) 東京都美術館にて開催(写真の部)
imiimi
imi imiimi
imiimi imi
imiimi
HOME/満たされた空間の意味について/横浜非伝統スカーフつまり0からの出発/写真によるスカーフデザイン展/愛する人のための三つの病についてあるいは意味の不在と無意味の存在について
未来からの手紙と贈物についての五つの思い出あるいは 静寂のための青い四つのかけらについて/One Day 2005/曼陀羅2006/渦巻2007
絵本「ふじみきとうずまき」/NOTHING2008/RAMEN2009/RETROSPECTIVE2009/絵本「ミキちゃんベイビー」/MIKIFISHCHANHANGYOJINBABY 2011/CG2011
/最後の晩餐/絵本「目と舌の憂鬱」/RHAPSODY2012/CG2012/絵本「ミキフィッシュちゃん半魚人ベイビー」/ベロベロ人/絵本「メメーとベロベロン」/東京展プロジェクト in KANAGAWA 2012
MIKKIOU2013//CG2013/自画像/絵本「幸せは意味の不在」/MIKKIOUMIKKIOU2014/自画像2/CG2014/自画像とそうでないもの/絵本「今は誰もいない」/JUNKO2015/CG2015/JAALA展 2015-Kawasaki
/最後の晩餐2/絵本「僕の鼻毛の三割は白髪だ。」/自画像/SELF2016/CG2016/過ぎた日/絵本「ヘロヘロが飛んでるよ。」/JAALA2017/時の流れ商会2017/CG2017/着ぐるみのマスクを脱いでポーズをとる自画像
絵本「赤と黒の時間」 /STOP2018/CG2018/デジタル版画展2018/JAALA2018/ASHIGARI2018
/自画像/絵本「青の日々」/SLOWLY2019/デジタル版画展2019/石像である私のようなもの/絵本「石像である私のようなもの」
古希2019/2019東京展会員写真展/JAALA2019/2020富士山展/GOOD2020/CG2020/銀座ワンサマーフェスタ/THE LIBRARY 2020/デジタル版画展2020/愛しき生きもの展/古希展2020/JAALA2020
BAD2021/愛しき生きもの展2021/路地裏の猫展/JOKE2021/暁展2021-2/CG2021/JAALA2021/デジタル版画展2021/酒のある自画像/絵本「飲もうぜベイビー」/路地裏のネコ展/2022東京展春季会員展/IKURAOTOKO2022
/CG2022/デジタル版画展2022/二人展2022それぞれの夏/帰ってきた渦巻男/絵本「ヒロインAの日々」