藤谷美貴雄写真展
満たされた空間の意味について

初めての個展。
2003年5月31日(土)〜6月15日(日)
11:00〜19:00 土・日は9:00〜17:00 ミッキオウ・ギャラリー(今は無い)にて開催

 あの不毛の砂漠でさえ乾燥した大気と砂で満たされているのだから、われわれのこの満たされ過ぎた空間にはいったいどんな意味を見い出せばよいのだろうか。われわれが放棄してしまったこの溢れる意味に、誰もが耐えられるのだろうか。

 あの頃のことを思い出せば。
 写真で撮られたどんな映像にも情報があふれているのだから、それに見入ればかなりの感動があるのだ。と、そのことを発見したのだった。




HOME/満たされた空間の意味について/横浜非伝統スカーフつまり0からの出発/写真によるスカーフデザイン展/愛する人のための三つの病についてあるいは意味の不在と無意味の存在について
未来からの手紙と贈物についての五つの思い出あるいは 静寂のための青い四つのかけらについて
/One Day 2005/曼陀羅2006/渦巻2007
絵本「ふじみきとうずまき」/NOTHING2008/RAMEN2009/RETROSPECTIVE2009/絵本「ミキちゃんベイビー」/MIKIFISHCHANHANGYOJINBABY 2011/CG2011
/最後の晩餐/絵本「目と舌の憂鬱」/
RHAPSODY2012/CG2012/絵本「ミキフィッシュちゃん半魚人ベイビー」/ベロベロ人/絵本「メメーとベロベロン」/東京展プロジェクト in KANAGAWA 2012
MIKKIOU2013/CG2013/自画像/絵本「幸せは意味の不在」/MIKKIOUMIKKIOU2014/自画像2/CG2014
/自画像とそうでないもの/絵本「今は誰もいない」/JUNKO2015/CG2015/JAALA展 2015-Kawasaki
/最後の晩餐2/絵本「僕の鼻毛の三割は白髪だ。」
/自画像/SELF2016/CG2016/過ぎた日/絵本「ヘロヘロが飛んでるよ。」