藤谷美貴雄写真展
NOTHING 2008

渦巻2007から1年、渦巻は深く内部に侵入して、もはや外部に現れることはないのだろうか。

2008年8月4日(月)〜8月9日(土)
スペースQにて開催


  こだわりの渦巻はどこかへ行ってしまったのだろうか。いや、どこへも行きはしない。全ての内部に入り込んで物質と精神を結びつけるとても大切な役割を担っ ているのだ。まさにこれは「渦巻理論」とでも言うべきものであって、人間の本質を鋭くとらえ、世界の本質を正しくとらえることができるのだ。


 微小な渦巻は目には見えないがダイレクトに心の奥深くへ侵入してその精神の鼓動に直接触れることができる。消え去ったわけではない。そして渦巻はいつもでも我々の友達であり続けるのだ。


HOME/満たされた空間の意味について/横浜非伝統スカーフつまり0からの出発/写真によるスカーフデザイン展/愛する人のための三つの病についてあるいは意味の不在と無意味の存在について
未来からの手紙と贈物についての五つの思い出あるいは 静寂のための青い四つのかけらについて
/One Day 2005/曼陀羅2006/渦巻2007
絵本「ふじみきとうずまき」/NOTHING2008/RAMEN2009/RETROSPECTIVE2009/絵本「ミキちゃんベイビー」/MIKIFISHCHANHANGYOJINBABY 2011/CG2011
/最後の晩餐/絵本「目と舌の憂鬱」/
RHAPSODY2012/CG2012/絵本「ミキフィッシュちゃん半魚人ベイビー」/ベロベロ人/絵本「メメーとベロベロン」/東京展プロジェクト in KANAGAWA 2012
MIKKIOU2013/CG2013/自画像/絵本「幸せは意味の不在」/MIKKIOUMIKKIOU2014/自画像2/CG2014
/自画像とそうでないもの/絵本「今は誰もいない」/JUNKO2015/CG2015/JAALA展 2015-Kawasaki
/最後の晩餐2/絵本「僕の鼻毛の三割は白髪だ。」
/自画像/SELF2016/CG2016/過ぎた日/絵本「ヘロヘロが飛んでるよ。」/JAALA2017/時の流れ商会2017/着ぐるみのマスクを脱いでポーズをとる自画像
絵本「赤と黒の時間」