絵本「素敵なミッキオウ」

絵本「石像である私のようなもの」から1年、素敵なミッキオウの復活だ。墓石の下から不死鳥のように蘇り、まだそこまで行ってなかったなあ。
まあ良い。イマイチだけど、まあまあのできだ。

絵本「素敵なミッキオウ」について (本文の羅列)

素敵なミッキオウの始まり始まり。 グリーンの自画像は 自画像を超え野菜になる。 今日は野菜だ。ヤサイー!だ。 ジョークに行こうぜヤサイー!! これって野菜に見えるかね。
とにかくビール。自画像達は波乗りにやって来た。海底深くに住んでいる彼らは波浪警報も何のその。深酒で寝込んでいたら地引網にかかってしまうぞ。 
ミッキオウは何にでもなるんだ。 同じものが並んで三つ。 散歩の風情ではないし。 並べてみた、という感じだな。 イマイチさえない朝。
赤い唇のあるカラスがいる。 それは冬の山に住んでいる。 それは巨大であり それゆえ密かに暮らしている。 それはちょっとどうかな。 どうもこうもあるもんかね。
ブルースターの仲間達は皆酒飲みだ。 今日も昼間っから取り敢えずビールのあとは熱燗だ。 酒を飲んでも皆赤くはならない。 エイリアンだもんね。
どんなもんかね。とあるギャラリーに例のブルースターのエイリアンを展示したところ、銀河の果てのブルースターから仲間がやって来たぞなもし。
カツラる。カツラを極めるとはどう言うことなのか。アフロが5色ストレートが2色ある。いろん所でカツラってるけど。カツラは面白い。
この赤いよだれ掛けみたいなのは何だろうと。こう考える。この狐に何かしてあげたいと思う。そう。これがシンプルで簡単で美しく一番目立つのだ。カツラれる。
波に乗ろうぜベイビー!ジョークに乗ろうぜベイビー!いいからいいからベイビー!今日も元気だぞベイビー!終わりなき日々にベイビー!イクラる。
干物る。いろいろな夜がある。これは干物が夜を楽しむの場面だ。干物の目は意外にもこんなふうに付いているのだ。これから皆で歌うの場面へと続く。
白アフロ+イクラちゃんだ。まあ、最強のカツラだろう。鳥の目をした私はとても満足顔だ。今日もまた青空が広がる。時には鼻血もでるさ。

THE LIBRARY 2020 に出品。2020年8月5日(水)〜8月15日(土) TOKI Art Spaceにて開催

imiimi
imi imiimi
imiimi imi
imiimi
HOME/満たされた空間の意味について/横浜非伝統スカーフつまり0からの出発/写真によるスカーフデザイン展/愛する人のための三つの病についてあるいは意味の不在と無意味の存在について
未来からの手紙と贈物についての五つの思い出あるいは 静寂のための青い四つのかけらについて/One Day 2005/曼陀羅2006/渦巻2007
絵本「ふじみきとうずまき」/NOTHING2008/RAMEN2009/RETROSPECTIVE2009/絵本「ミキちゃんベイビー」/MIKIFISHCHANHANGYOJINBABY 2011/CG2011
/最後の晩餐/絵本「目と舌の憂鬱」/RHAPSODY2012/CG2012/絵本「ミキフィッシュちゃん半魚人ベイビー」/ベロベロ人/絵本「メメーとベロベロン」/東京展プロジェクト in KANAGAWA 2012
MIKKIOU2013//CG2013/自画像/絵本「幸せは意味の不在」/MIKKIOUMIKKIOU2014/自画像2/CG2014/自画像とそうでないもの/絵本「今は誰もいない」/JUNKO2015/CG2015/JAALA展 2015-Kawasaki
/最後の晩餐2/絵本「僕の鼻毛の三割は白髪だ。」/自画像/SELF2016/CG2016/過ぎた日/絵本「ヘロヘロが飛んでるよ。」/JAALA2017/時の流れ商会2017/CG2017/着ぐるみのマスクを脱いでポーズをとる自画像
絵本「赤と黒の時間」 /STOP2018/CG2018/デジタル版画展2018/JAALA2018/ASHIGARI2018
/自画像/絵本「青の日々」/SLOWLY2019/デジタル版画展2019/石像である私のようなもの/絵本「石像である私のようなもの」
古希2019/2019東京展会員写真展/JAALA2019/2020富士山展/GOOD2020/銀座ワンサマーフェスタ/THE LIBRARY 2020/デジタル版画展2020/愛しき生きもの展